葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  坐骨神経痛

坐骨神経痛のツボ療法

坐骨神経痛のツボ療法

腰痛症と同様に坐骨神経痛という言葉を、

よく耳にする事がありますが、

いったい坐骨神経痛とは何者か?

坐骨神経痛の症状や原因、ツボ療法について、

解説してゆきます。


20100106_952995[1]


坐骨神経とは?

腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て、

梨状筋の下を通り大腿後面中央を下行して、

膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれて、

下肢から足裏にかけて走行している、

人体の中で最も大きい神経を指します。



坐骨神経痛とは?

病名での事ではなくその症状の名称を示します。


坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが、

いわゆる坐骨神経痛と呼ばれております。


坐骨神経痛は神経が圧迫などの障害を受けた為、

腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。



坐骨神経痛の症状

臀部や下肢への放散痛を訴え、 

臀部、大腿後面、下腿外側や後ろ、足の甲付近まで、

シビレや疼痛を感じられます。



坐骨神経痛を引き起こす原因

脊髄や神経根の圧迫によっておこるとされ、

多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われていますが、

様々な原因が挙げられます。


他には坐骨神経痛を引き起こす原因として、

梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、

脊椎すべり症、脊椎腫瘍、骨盤内腫瘍、

等が挙げられます。


tc3_search_naver_jp[1]


坐骨神経痛の治療法

整形外科での治療方法では

日常生活の指導から始まり、

非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服薬・筋弛緩剤、座薬などの薬物療法、

ホットパックなどの温熱治療、牽引治療などの理学療法、

硬膜外ブロック・神経根ブロックなどのブロック注射、

他の神経症状を合併する場合(歩行障害、麻痺)に手術、

等が行われます。



ツボ療法では

坐骨神経痛に効くツボは、

腰を中心に下肢へ向ってほぼ坐骨神経に沿ってあります。


これらのツボを風呂上がりや寝る前など、

リラックスした状態で指圧等の按圧で、

刺激するととても効果的です。


ツボを按圧する場合、

いきなり強い力でしないで、

痛気持ちいいぐらいの強さがベストです。


息を吐きながらゆっくりと3秒押したら、

一呼吸於いて3秒離すを繰り返してください。




坐骨神経痛に効くツボ

●命門(めいもん):督脈

へその真裏にあり、

左右の腰骨を結んだ線が腰椎4番ですが、

その少し下に盛り上がった部分(棘突起)が4番の棘突起です。


その棘突起を目安に、上へ2個目の棘突起が命門の位置です。

(このツボを基準にすると他が見つけやすくなります。)



●腎兪(じんゆ):足の太陽膀胱経

命門から指2本分外側で大腸兪の指3本上

腎疾患、腰痛、膀胱、生殖器に効果的です。



●志室(ししつ):足の太陽膀胱経

腎兪からもさらに指2本外側にあります。

腰痛、胃腸炎、全身の疲労感に効果的です。



●大腸兪(だいちょうゆ):足の太陽膀胱経

腎兪から指3本分下側にあり、

ウエストラインで、背骨から左右外側に指2本分ぐらい横にあります。

腰痛、大腸、小腸に効果的です。



●帯脈(たいみゃく):足の少陽胆経

わき腹のウエストラインのところにあります。

生理痛、生理不順に効果的です。



●胞肓(ほうこう):足の太陽膀胱経

仙骨の上から2つ目の穴の指4本分外側



●秩辺(ちっぺん):足の太陽膀胱経

仙骨と尾椎の間から指4本分外側にあります。



●環跳(かんちょう):足の少陽胆経

お尻の横で股関節の辺りにあります。

横向きに寝て、

膝を曲げた時に股関節のあたりの窪みに取ります。



●風市(ふうし):足の少陽胆経(奇穴)

太ももの外側の中央にあります。



●殷門(いんもん):足の太陽膀胱経

お尻の下で、太腿の裏と膝を結んだ線の中心あります。

※ ここは、あまり力を入れすぎないように注意しましょう。



●委中(いちゅう):足の太陽膀胱経

膝を軽く曲げた時にでる、

膝の裏の太い横じわの中央部にあります。



●下委中(しもいちゅう):足の太陽膀胱経(奇穴)

膝を軽く曲げた時にでる、

膝の裏の太い横じわの中央部から、

一横指斜め下にあります。


※ 特に下委中は特攻ツボと称され、

坐骨神経痛の痛みをすぐ軽減する効果を持っています。



●丘墟(きゅうきょ):足の少陽胆経

くるぶしの手前あたりにあります。



●承山(しょうざん):足の太陽膀胱経

委中の真下にあり、

ふくらはぎに力を入れた時に出来る2つの筋肉の境目に取ります。



●崑崙(こんろん):足の太陽膀胱経

アキレス腱の前で外くるぶしの後ろにあります。



●附陽(ふよう):足の太陽膀胱経

アキレス腱の前で外くるぶしの指4本上にあります。



●照海(しょうかい):足の少陰腎経

足の内側でくるぶしの指一本分下にあります。

腎疾患、花粉症、冷え性、不眠症、咽、耳に効果的です。



●曲泉(きょくせん):足のけつ陰肝経

膝の内側の窪みにあります。

膝関節、生理痛、生理不順、不妊症、精力減退に効果的です。


※ つぼを刺激する時に、

テープでコメ粒を貼って刺激しても効果が得られます。


f_spinelg[1]



宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)のツボ

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)


ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の場合、症状が突然現れ、

痛みは激烈なことが多く、しばしば身動きができないほどです。

私の治療院でもぎっくり腰で来院する患者さんの数は多く、

私の得意とする疾患の一つでもあります。


20100106_952995[1]

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)は、

誰もがなる危険性を持ている症状一つといえますが、

なってしまった時にはすでに手遅れの状態と言えます。


そこで諦めず予防をする事で、

ぎっくり腰になる確率を下げるのが最善の方法だと思います。


確率という事はかなりクセになりやすい特徴もあり、

一度経験した人は何度もなってしまうケースが多いと言われています。


ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)が元で、

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などになる事もあるので侮れないと言えます。


また「年2~3回はぎっくり腰をやってしまう」という方は、

特に注意が必要だと言えます。


意外と盲点なのがぎっくり腰の痛める場所です。


ほとんどの方は腰の真中を痛めると思いがちですが、

実はその可能性は以外と低く、

左右どちらかの腰を痛めているケースが高いといわれています。


ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の原因

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)は、

いきなり腰に大きな負担がかかることで起こります。


医学的に「急性腰痛」「突発性腰痛」と呼ばれ、

ドイツでは「魔女のひと突き」といわれています。


ぎっくり腰の原因には、大きく3つに分けることができます。


①腰椎に無理な力が加わり関節を覆っている間接包が伸びたり断裂する捻挫。

②背骨にかかる衝撃を和らげる役目の椎間板が傷つき、切れたり裂けた場合。

③腰周辺の筋肉が傷んだり、軽い肉離れを起こした場合



ぎっくり腰は、日常の何気ない動作で起こります。


よく言われるのが、重い物を持ち上げる時や、

クシャミなどでなってしまう時です。


さらに前屈のような姿勢で物を持った時などは、

重いものでない時でもなってしまう可能性があります。


右の斜め前のものを取った時に右腰のぎっくり腰!

左斜め前の物を取ろうとした時は左の腰!

という感じで痛めてしまう可能性が高いんです。


そのほかに重い物を強く引っ張る時です。


この場合は物を引っ張る時のスタンスで、

どちらのかの腰を痛める可能性が高いです。


例えば綱引きのような体勢で右利きの人は、

左足が前になった状態で引っ張ると思いますが、

この場合は、右の腰に負担が掛かり痛める可能性が高いです。


もう一つは自分の胸の高さまで物などを、

棚に乗せるような動作もかなり危険な動きと言えます。


この場合は片方の腰と言うよりも、

腰の真ん中が痛くなるケースが多いです。


また寒い時期や朝起きた時など、

筋肉が硬くなっている状態のときにも起こりやすくなっています。


ぎっくり腰は、腰回りの筋肉が衰えた中高年に多くみられますが、

最近では20歳代の若い世代でも増える傾向にあります。


その原因として、運動不足による筋力低下や、

同じ姿勢で長時間のデスクワークなどが挙げられます。


また姿勢が悪かったり冷え症の人も、

ぎっくり腰のなりやすい傾向にあります。


ぎっくり腰を一度起こすと、繰り返し起きたり慢性化して椎間板がつぶれ

椎間板ヘルニアになる危険性もあります。


そのためぎっくり腰になっても軽視せずに、

また仕事やプライベートなどで、

どうしてもこのような動きをしてしまうという人は、

特に予防対策や再発防止などのケアが重要になってきます。


代表的なものはストレッチなどの運動ですが、

そのほかにも効果的なものは色々あります。

y-j6-1[1]

▼急性の腰の痛みの原因となる諸症状

1.ぎっくり腰(筋膜性腰痛症)

a.椎間関節性腰痛症

b.筋筋膜性腰痛

2.椎間板ヘルニア

3.腰椎圧迫骨折

a.外傷性

b.骨粗しょう症

c.悪性腫瘍

4.感染性脊椎炎

5.内臓の病気

a.腎結石

b.大動脈瘤など


急性期の治療は、安静第一で無理はしないことが重要です。

急性期は、鎮痛薬は有効で、コルセットも腰部負荷の減少のため使用されます。


最初は身動きできないほどの痛みでも、通常3~4日で症状は軽減し、

1~2週間で寛解します。(上のぎっくり腰と椎間板ヘルニアの場合)


3の圧迫骨折ではさらに長期になりますし、

感染性脊椎炎や内臓の病気の場合は、

より専門的な治療が必要です。


※ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の治療、対処、予防法について、

次回説明致します。




宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。


※ 聞きたい症状やツボが有りましたら、

頑張って御答え致しますので、

http://houjyudo.blog111.fc2.com/

までブログにコメント入れるか

hojjudo@gmail.com

までメール御待ちしております。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

関連記事

足太りの解消に効くツボ

足太りの解消に効くツボ


運動だけでは戻りにくい足太りとむくみも、

ツボ療法をしてから15分歩くだけで、

代謝機能と循環機能が高まり、

効果が現われ易くなってきます!


全体の均整から見て、

妙に足だけが太くてむくんでいるように見える、

いわゆる大根足状態は最悪・・・・・。


太ももとふくらはぎの贅肉に関しては、

誰もが気にしているはずです。


足から心臓に出た血液が、

重力に従って下りてくる場所ですが、

そこから心臓に戻すのは、

心臓にとってかなり負担のかかる仕事なのです。


ですからリンパ液や不要な水分は、

どうしても脚に溜まりやすく、

むくみとなって現われてしまうのです。


歩行運動等でかなり解消出来ますが、

足の場合は代謝、循環機能を高めないと、

むくみの元となっている水分などが、

腎臓に戻りにくいので、


「ツボ療法をしてから歩く」という、

運動とツボ療法の組み合わせを、

習慣にしましょう。



肺(はい)

耳ツボ



耳の穴の落ち込む縁の外縁部で、

耳の穴の中心線の一番後方寄りがツボです。


全身の代謝機能を高める事で、

むくみを取るのに良いとされている他に、

気管支炎等にも使われております。



ツボの押し方

指を耳の中に押し当て、

息を吐きながらゆっくりと押し回します。


あまり強く押す必要は無く、

「痛気持ち良い」程度で押します。


コリコリと5回押し回して息継ぎするのを、

5回繰り返します。


diet_ear[1]


承山(しょうざん)

足の太陽膀胱経


足のふくらはぎの筋肉、

後下腿部の中央にして腓腹筋の下垂部に取ります。


下肢痛、坐骨神経痛に良く、

足の血流の促進に効果があり、

他にも、痔、脱肛、子宮出血、腰痛、

等にも良いとされております。



ツボの押し方

親指のはらをツボに当てて、

やや強めにゆっくり押します。


押す時は息を吐きながらゆっくりと力を込めていき、

息を吸うとき力を抜きこれを10回続けます。


歩いた後で押せば、

足の筋肉疲労を解消致します。


img_200904_11[1]


衝門(しょうもん)

足の太陰脾経


鼠径溝の役中央にして、

足前面の腹筋との境界上に取ります。


腸や泌尿器系に作用する足の太陰脾経21穴に属す下腹部にあるツボです。


代謝を活発にすることによる老廃物の排尿促進、

下半身のむくみで古くから使われていますが、

他にも腹痛、痔疾患、脱腸、睾丸炎、腹水、

等にも良く使われています。



ツボの押し方

足前面筋肉の腹筋の境界で、

凹んでいる筋の上を押すと圧痛があります。


息を吐きながらグリグリと押し回して、

息継ぎをするのを5回行います。


押すのが無理ならトントン叩いてもOKです。



060320SP-12-thumb-210xauto-1914[1]


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

関連記事
楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ