fc2ブログ

葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  脊椎腫瘍

坐骨神経痛のツボ療法

坐骨神経痛のツボ療法

腰痛症と同様に坐骨神経痛という言葉を、

よく耳にする事がありますが、

いったい坐骨神経痛とは何者か?

坐骨神経痛の症状や原因、ツボ療法について、

解説してゆきます。


20100106_952995[1]


坐骨神経とは?

腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て、

梨状筋の下を通り大腿後面中央を下行して、

膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれて、

下肢から足裏にかけて走行している、

人体の中で最も大きい神経を指します。



坐骨神経痛とは?

病名での事ではなくその症状の名称を示します。


坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが、

いわゆる坐骨神経痛と呼ばれております。


坐骨神経痛は神経が圧迫などの障害を受けた為、

腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。



坐骨神経痛の症状

臀部や下肢への放散痛を訴え、 

臀部、大腿後面、下腿外側や後ろ、足の甲付近まで、

シビレや疼痛を感じられます。



坐骨神経痛を引き起こす原因

脊髄や神経根の圧迫によっておこるとされ、

多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われていますが、

様々な原因が挙げられます。


他には坐骨神経痛を引き起こす原因として、

梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、

脊椎すべり症、脊椎腫瘍、骨盤内腫瘍、

等が挙げられます。


tc3_search_naver_jp[1]


坐骨神経痛の治療法

整形外科での治療方法では

日常生活の指導から始まり、

非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服薬・筋弛緩剤、座薬などの薬物療法、

ホットパックなどの温熱治療、牽引治療などの理学療法、

硬膜外ブロック・神経根ブロックなどのブロック注射、

他の神経症状を合併する場合(歩行障害、麻痺)に手術、

等が行われます。



ツボ療法では

坐骨神経痛に効くツボは、

腰を中心に下肢へ向ってほぼ坐骨神経に沿ってあります。


これらのツボを風呂上がりや寝る前など、

リラックスした状態で指圧等の按圧で、

刺激するととても効果的です。


ツボを按圧する場合、

いきなり強い力でしないで、

痛気持ちいいぐらいの強さがベストです。


息を吐きながらゆっくりと3秒押したら、

一呼吸於いて3秒離すを繰り返してください。




坐骨神経痛に効くツボ

●命門(めいもん):督脈

へその真裏にあり、

左右の腰骨を結んだ線が腰椎4番ですが、

その少し下に盛り上がった部分(棘突起)が4番の棘突起です。


その棘突起を目安に、上へ2個目の棘突起が命門の位置です。

(このツボを基準にすると他が見つけやすくなります。)



●腎兪(じんゆ):足の太陽膀胱経

命門から指2本分外側で大腸兪の指3本上

腎疾患、腰痛、膀胱、生殖器に効果的です。



●志室(ししつ):足の太陽膀胱経

腎兪からもさらに指2本外側にあります。

腰痛、胃腸炎、全身の疲労感に効果的です。



●大腸兪(だいちょうゆ):足の太陽膀胱経

腎兪から指3本分下側にあり、

ウエストラインで、背骨から左右外側に指2本分ぐらい横にあります。

腰痛、大腸、小腸に効果的です。



●帯脈(たいみゃく):足の少陽胆経

わき腹のウエストラインのところにあります。

生理痛、生理不順に効果的です。



●胞肓(ほうこう):足の太陽膀胱経

仙骨の上から2つ目の穴の指4本分外側



●秩辺(ちっぺん):足の太陽膀胱経

仙骨と尾椎の間から指4本分外側にあります。



●環跳(かんちょう):足の少陽胆経

お尻の横で股関節の辺りにあります。

横向きに寝て、

膝を曲げた時に股関節のあたりの窪みに取ります。



●風市(ふうし):足の少陽胆経(奇穴)

太ももの外側の中央にあります。



●殷門(いんもん):足の太陽膀胱経

お尻の下で、太腿の裏と膝を結んだ線の中心あります。

※ ここは、あまり力を入れすぎないように注意しましょう。



●委中(いちゅう):足の太陽膀胱経

膝を軽く曲げた時にでる、

膝の裏の太い横じわの中央部にあります。



●下委中(しもいちゅう):足の太陽膀胱経(奇穴)

膝を軽く曲げた時にでる、

膝の裏の太い横じわの中央部から、

一横指斜め下にあります。


※ 特に下委中は特攻ツボと称され、

坐骨神経痛の痛みをすぐ軽減する効果を持っています。



●丘墟(きゅうきょ):足の少陽胆経

くるぶしの手前あたりにあります。



●承山(しょうざん):足の太陽膀胱経

委中の真下にあり、

ふくらはぎに力を入れた時に出来る2つの筋肉の境目に取ります。



●崑崙(こんろん):足の太陽膀胱経

アキレス腱の前で外くるぶしの後ろにあります。



●附陽(ふよう):足の太陽膀胱経

アキレス腱の前で外くるぶしの指4本上にあります。



●照海(しょうかい):足の少陰腎経

足の内側でくるぶしの指一本分下にあります。

腎疾患、花粉症、冷え性、不眠症、咽、耳に効果的です。



●曲泉(きょくせん):足のけつ陰肝経

膝の内側の窪みにあります。

膝関節、生理痛、生理不順、不妊症、精力減退に効果的です。


※ つぼを刺激する時に、

テープでコメ粒を貼って刺激しても効果が得られます。


f_spinelg[1]



宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
スポンサーサイト



ぎっくり腰の鍼灸治療法

ぎっくり腰の鍼灸治療法


今年も後わずか、

師走に入りなにかと忙しいこの頃、

忙しさと急激な寒さ(温度変化)の為か、

ギックリ腰の患者さんが増えてきております。


以前私のブログに書きましたが、

今回はギックリ腰の治療法について記載します。


back[1]

一口にギックリ腰と言ってもかなり曖昧で、

別に腰がギクッと鳴ったからギックリ腰と言うわけでも無く、

とにかく突然急激に来た腰痛(急性、突発性腰痛)を称して、

ギックリ腰とよんでいる訳です。


ですから筋.筋膜性腰痛症などの比較的簡単な症状から、

腰椎捻挫、腰椎椎間関節症、腰椎椎間板ヘルニア、座骨神経痛、

腰椎脊椎間狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症、

腰椎圧迫骨折、脊椎腫瘍、内臓疾患からの腰痛症など、

内容によってはかなり難しい症状もあるわけです。


私もまだかけだしの頃は、

ギックリ腰(筋.筋膜性腰痛など)は簡単と、

天狗になってた時期がありましたが、

あそこの鍼灸院は、

ギックリ腰が一発で治ると評判が立つにつれ、

だんだんと腰痛の猛者が来るようになるわけです。


以前に椎間板ヘルニアの手術をして、

今回ギックリ腰で来院する者など、

今までになんだかの腰に対して既病歴のある患者さんが、

接骨院の電気治療やマッサージ、

整形外科の痛み止めの処方薬やブロック注射などと、

大概の方はこれらの治療を受けてから来院するわけです。


gikkuri_01[1]

ではどのようにしてこの様なギックリ腰(ギックリ腰初めての患者さんや既病歴のある患者さん)を、
治療すればよいのか?



私の場合、

まずは脈診腹診をして証を立てて、

仰向けの姿勢で手足、腹部のツボに鍼を打ち、

脈を整えバランスを取ります。


※ 寸3の1番鍼を使用


次にうつ伏せにして腰痛部位の確認して、

下肢の下腿、膝裏の膀胱経のツボに鍼を刺し、

腰部の緊張を取ります。


続いて腰背部の膀胱経のツボ(緊張部位)に鍼(散鍼程度)を刺します。


これらの行程を経てから、

患部の腰痛部位に鍼を刺して行きます。


その時腰痛部位をしつこいくらいに何度も確認しながら行います。


※ 私の場合鍼は単刺術(鍼を一本一本刺しては抜く方法)で置鍼はしません。

また腰痛患部のツボに鍼を刺入する時は、

その症状や体質によっての痛みのある深さまで刺入(場合によっては3寸程の長鍼)する事もあります。


鍼治療後、

患者さんに体を動かしてもらい、

痛みの残る部位があればそこに施灸(半米粒大)致します。



私の鍼灸治療では、

この様な行程で治療致しますが、

鍼灸治療をしないでマッサージ(脈診をしないで)での治療の場合は、

まずは腰部の硬さや緊張を診る程度で、

いきなり患部をほぐそうとしないことです。



腰痛患部は痛みで、

かなら硬く緊張しておりますので、

ほぐそうと頑張っても簡単にほぐれず、

また痛みがひどい症状の場合、

まともに触る事すら出来ません。


このような場合、

患者さんを仰向けの楽な状態で寝かせ、

先ずは遠隔的に手足の腰の緊張を取るツボを使います。


手のツボでは、

曲池、手三里、合谷、内関、手の腰痛点などの圧痛のある反応点のツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


次に足のツボでは、

足三里、外丘、血海、中都、三陰交、太衝、

などの下肢の圧痛のある反応点のツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。

※ この時足底のツボに反応点がある場合、

これらを一緒に揉みほぐしても構いません。


次に腹部をゆっくりと、

内臓の位置を確認しながら按圧してみます。


これは腰痛の原因が、

内臓疾患からきている場合もあり得ますので、

必ず確認の必要があります。


※ 単なる腰痛と思いきや、

腹診をしてみたらお腹に変なしこりがあり、

検査してみたら癌の末期症なんて事もありますので、

要注意です。


これが終わりましたら、

患者さんをゆっくりと本人の成れる方向から、

うつ伏せの状態になってもらいます。


この状態で下肢にある足の膀胱経のツボ、

昆ロン、承山、下委中、いん門、胞こう、

などの下肢裏の反応点ツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


腰背部に移り、

背中の肩甲骨内側から第5腰椎辺りまで、

膀胱経一行線、二行線、督脈(脊椎上)のツボを上から下に向かって取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


この時腰部のどの辺りに痛みや緊張があるか、

確認しながら揉みほぐしていくと良いでしょう。


これらの行程が終わったら患者さんに少し動いてもらい、

現在どの辺りがまだ痛むのか再度確認して、

そこにペンなどがあれば印を付け、

ここで初めて痛みのある患部のツボを揉みほぐしていきます。

最初は痛気持ち良い程度で揉みほぐし、

そこにシコリなど硬く感じられるものがあれば、

焦らずに揉みほぐす事が大事です。


その時も必ず患者さんの痛みの状態を、

確認しながらおこなう事が大事です。


患部を揉みほぐす時間は約10~15分程度で、

完全にほぐれれば良いのですが、

頑固なギックリ腰の場合簡単にはいかず、

ある程度緊張が取れたり、

シコリが柔らかくなった程度でも、

充分痛みは軽減出来、

かなりの効果が挙げられます。


この行程をおさらい致しますと、

腰背部の緊張を確認して仰向けで手足のツボをほぐすのに約10分~15分、

腹部の状態を診るのに約5分、

うつ伏せにして下肢裏のツボをほぐすのに約5~10分、

肩甲骨から腰背部のツボを上から下へと、

患部を確認しながら按圧すのに約10分、

確認して見つけた患部のツボを揉みほぐすのに約10~15分、

これらの全行程に要する合計の時間が、

約40~60分かかります。


治療が終わった時点で治療効果を持続させたり、

まだ患部に痛みが残っている場合、

痛みのある患部に10円玉やエレキバンを、

下肢裏の承山のツボに1円玉やエレキバンの磁石を、

テープをはがして裏返しにしたものを、

貼り付けるとよいでしょう。


またシップの場合患部に冷シップ、

下肢裏の承山のツボに温シップを貼るとよいでしょう。


これは電位差や温度差を作る事によって、

血流の循環を促進させる効果があります。


※ ギックリ腰にはよく初期状態は冷やし、

回復時には温めるといいますが、


最近の臨床例では、

痛みが緩和するならどちらでも構わず、

私も気持ち良く感じるほうを選択させ、

事実その方が効果があがっております。


以上の事からギックリ腰の患者さんにこの手順で治療すれば、

上手くいけば1~2回で、

また難しい症状でも数回~数十回、

根気良く繰り返し治療すれば、

治癒及び良い方向に向かっていきます。



この方法はあくまで私が今までの臨床経験で培ったノウハウなので、

興味があれば一度試してみて下さい。


将棋や囲碁のように理詰めの攻め方で、

まるでパズルを紐解くような治療法ですが、

何度も確認しながら正確にツボを取っていく、

治癒確率が高い方法といえます。


よくギックリ腰の時は安静が一番と言いますが、

この様な行程で治療すれば、

どんどん攻めていっても大丈夫です。(無理なドーゼオーバーをしない限り)


私の拙い臨床経験ですがこの文章を読んで、

治療に少しでも役立てれば幸いの事と思いますm(_ _)m


写真Ⅰ
ファイル2365[1]

脊椎狭窄症のギックリ腰での患者さんの治療風景

この患者さん(48才男性)の場合2回程で完治しました。


写真Ⅱ
ファイル2366[1]

椎間板ヘルニアのギックリ腰での治療風景

この患者さん(44才男性)の場合2週間程で完治しました。


写真Ⅲ
ファイル2367[1]

以前に圧迫骨折を2回経験あるギックリ腰の治療風景

この患者さん(75才女性)の場合4週間程で完治しました。




  .∧
  (^_^`;)腰痛い
.∧∧∪∪)
(+_+;)⌒⌒⊃
∥ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄∥


    ∧
   (^е^〃)ドコ?ココ
  ∧∧∪∪ )
(//ω//)⌒⌒⊃
∥ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄∥





宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

ファイル0006[1]

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

関連記事
楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ