葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  腰痛の原因

腰痛を起こす代表的な病気

腰痛を起こす代表的な病気

腰痛を引き起こす原因は色々ありますが、

ここでは代表的な疾患を簡単に説明致します。



腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は、背骨を構成しているうちのひとつで、

衝撃を吸収するクッション材の役割をしています。


椎間板は、中央にゼリー状の髄核(ずいかく)がありますが、

その部分が外に飛び出してしまうことをヘルニアと呼びます。


椎間板ヘルニアは、腰痛の他にもお尻や太もも、

足への痛みやしびれを感じるようになり、

歩行が難しくなるケースもあります。


程度にもよりますが、

ヘルニアが自然と吸収され症状も回復することもありますが、

医師や鍼灸、整体師等の指示で治療方法も選択した方が良いでしょう。


f_spinelg[1]

s11[1]


腰部脊柱管狭窄症

背骨には脊髄神経が通るトンネル、

「脊柱管(せきちゅうかん)」があります。


この脊柱管が狭くなり神経が圧迫されると歩くことで、

下肢への痛み、しびれ、脱力感が出てしまい、

歩き続けることが困難になります。


少し休憩すると症状が緩和され、

再び歩き出すことができるのですが、

また少し歩くと同じ症状が出てしまい、

歩行困難になります。


圧迫のされ方によりタイプが分類されるのですが、

重症例では排尿障害がおこることもあります。


加齢に伴い背骨に起こる変形や椎間板の問題から、

脊柱管狭窄症になる場合が多いため、

比較的に高齢者に多くみられます。



脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症・すべり症は、

4番目、5番目の腰椎にみられやすいです。


腰部を構成している「腰椎」の一部が、

切れて分離した状態が分離症です。


構造的に不安定になると、

分離した部分の上の骨が前に滑ってしまうことがあり、

これをすべり症といいます。


すべり症によって神経を刺激してしまうと、

下肢にしびれや痛みなどの症状もみられることがあります。


脊椎分離症・すべり症は、

エックス線撮影で確認することができます。


分離症は、

激しいスポーツをしている子供の頃にみられることも多いのですが、

無症状の場合も多いです。


s17[1]


変形性脊椎症

背骨は「椎骨(ついこつ)」と呼ばれる骨が、

24個積み重なって出来ているのですが、

そのうちの下から数えて5個までが腰椎です。


その間にはクッション材の役割のある椎間板があります。


変形性脊椎症では主に加齢に伴って、

背骨の関節や椎骨に骨棘(こつきょく)というトゲのような骨が増殖したり、

椎間板の状態が悪く変化してしまったりといったことが見られます。


骨棘は、50歳で80%以上の人にみられると言われています。


それだけでは、腰痛になるとは言い切れないのですが、

進行すると神経を刺激することもあり、

下肢のしびれや痛み脱力感といった症状を起こすこともあります。


s21[1]

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

[ 2011/09/05 01:00 ] 腰痛の原因 | TB(0) | コメント(0)

腰痛と姿勢の関係

腰痛と姿勢の関係

前回は、腰痛の原因について記載しましたが、

腰痛と姿勢の関係について述べます。


20100106_952995[1]

子供の頃からよく「背筋を伸ばして姿勢を良くしろ」と、

言われてきた人も少なくないのではないでしょうか。


姿勢は上半身を支える上で重要な要素であり、

腰痛との深い関係を持っているのです。


正しい姿勢を維持することは腰にどのような影響を与えているのか、

姿勢について解説していきます。



二足歩行を行なう人間の上半身は、

腹筋と背筋と腰の三点によって支えられています。


この支え方そのものが姿勢であり、

身体全体の健康を左右する重要な要素なのです。


では姿勢が悪い人が腰痛に悩まされている事には、

どのような関係があるのでしょうか?


正しい姿勢とは?

姿勢を語る上で知っておかなければならないのが「正しい姿勢」です。


正しい姿勢とは、

「頭から足まで一直線に伸びた柱が背中に通ったような立ち方」であるといえます。


この正しい姿勢を取ることは、

腹筋と背筋の力の掛かり方が均一になる状態にすることであり、

腰への負担が少ない状態になっているのです。

y-j6-1[1]

悪い姿勢とは、

正しい姿勢が「背中に一本筋を通したような立ち方」であるとするなら、

「悪い姿勢」とはどのような状態のことを言うのでしょうか。


猫背

一般的に言われる「猫背」は、

悪い姿勢の代表格といえる姿勢です。


猫背は、

「背中が丸まっている」、

「頭が顎を突き出すようにした状態」、

「腹が前に出ている」、

などの条件を満たしたS字状の姿勢のことです。


猫背になっていると、

身体が小さく見えて頼りなく感じられるだけでなく、

腰痛や肩こり・頭痛といった症状が慢性的に現れるようになるのです。



腹突き出し

お腹がせり出したように見える腹突き出しの姿勢は、

「背中が丸まっていない猫背」と、

表現できる状態で太って見えるという欠点があります。


腹突き出しの姿勢は、

背筋に力が強く掛かっている状態のため、

腰痛の原因になりやすいという特徴があります。



胸突き出し

正しい姿勢を作るために「胸を張れ」とよく言われるものですが、

胸の張りすぎは逆に悪い姿勢を作ってしまいます。


胸突き出しの姿勢は、

肩こりや頭痛を引き起こし慢性的な息苦しさの原因になります。

777[1]


姿勢から来る腰痛の原理

姿勢が悪いことで腰痛が発生するのは、

柱である腰が悪い姿勢によって傾いていることによるものです。


水平な土台に垂直に立てられた柱は、

力が掛かっても倒れにくいものです。


しかし少しでも傾いて立てられていると、

何かの拍子に倒れてしまいます。


これと同じことが腰に起こっているため、

姿勢の悪さで腰痛が発生しているのです。

youtu-taisou1[1]


姿勢矯正のポイント

姿勢の悪さからくる腰痛は、

姿勢を矯正することで改善されます。


正しい姿勢への矯正は、

背中の肩甲骨とお尻を壁に合わせて、

そのまま数歩前進することから始まります。


この時の姿勢が「正しい姿勢」そのものなのです。


この姿勢を身体に覚えこませることが、

姿勢矯正のポイントとなるのです。


筋肉の強化

姿勢を支えているのは、

腹筋と背筋の力です。


つまり、腹筋と背筋をバランス良く鍛えることで、

正しい姿勢を維持しやすくなるのです。


腹筋と背筋はトレーニングが難しいということもあり、

敬遠する人が多いのですが、

腹筋と背筋を意識して姿勢を作るだけでも、

充分に鍛えることが出来ます。


youtuu_riha2[1]


宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
[ 2011/08/30 02:38 ] 腰痛の原因 | TB(0) | コメント(0)

腰痛の原因と治療方法

腰痛について【腰痛の原因】

我々の鍼灸.マッサージ.整体.等の手技療法において、

肩こり.腰痛.等の症状は、もっともポピュラーであり、

患者さんの70~80%の方が、この症状を訴え、

来院して治療を受ける我々にとって得意とする疾患なのです!



ですから今まで肩こり.腰痛は余りにもポピュラーなので、

あえてブログに載せなかったのですが、

御要望が多い為、腰痛に関して記載致します。



病気には必ず原因があり、

その原因の有無で発症するかしないかが決まります。


腰痛もその例外ではなく、

腰痛に悩む人と悩まされない人の境界線にもなっています。


では、腰痛が起きる原因とはどのようなものなのでしょうか?


ここでは腰痛が起きる原因や種類について解説していきます。

prevent_01[1]

腰痛が起こる原因とは?

腰痛は日常生活の中で、

腰痛が発症する条件を満たす行動を取ることで、

発症する可能性が高まる性質を持っている病気であると言えます。


腰痛の発症条件とはどのようなもので、

どのような原因によって発生しているのでしょうか。


腰痛の主な原因

腰痛は、

筋肉が原因となって起こる場合、

骨格が原因になって起こる場合、

内臓が原因になって起こる場合、


これらの三つの原因によって発症しています。


prevent_02[1]
          (腰椎)


筋肉から来る腰痛

激しい運動や重いものの持ち運びなどを行なった後は、

腰痛を感じることが多いように、

筋肉の酷使や過度の緊張は腰痛の原因になります。


筋肉から来る腰痛は、

一過性の痛みを伴うことが多く、

数日で筋肉の痛みと共に緩和する性質がありますが、

ぎっくり腰を併発する恐れがあります。


骨格からくる腰痛

身体を支えている骨格のずれや歪みは万病の元となります。


特に背筋を通る脊椎の腰椎部に歪みやずれが生じることで起こる腰痛は、

深刻な問題となります。


骨格から来る腰痛は、

椎間板ヘルニアや腰椎すべり症を引き起こしている可能性があり、

治療のために手術を必要とすることが少なくないのです。


内臓から来る腰痛

一部の内臓疾患は腰痛の原因にもなります。


肥大した内臓が内側から腰椎や腰の筋肉を圧迫することで、

腰痛が発生しているのです。


内臓から来る腰痛は内臓疾患の症状の一つで、

痛みが安静にしていても発生するので、

腰痛を扱う整形外科以外での検査が必要になります。


また、血管の疾患を原因とする腰痛もあります。


動脈硬化が原因となって発生する代動脈瘤が腰に発生した場合、

強い腰痛を生じさせます。

prevent_03[1]
        (脊髄のしくみ)

その他の原因

腰痛は老化に伴って発生するため、

老人に付き物の症状とも言えます。


老化によって筋肉が衰え、

骨が弱ることで自分の体重を支えきれなくなることで腰痛が発生するのです。


また、精神的なストレスが原因になって、

自律神経に異常が起こり腰痛を引き起こすこともあります。


ストレスが原因で起こる心因性の腰痛は、

ストレスの元を断たないと回復しない性質があるため、

社会生活を送る上で大きな支障になってしまうのです。


二足歩行と腰痛の関係

腰痛は、二足歩行能力を獲得した人間だからこそ、

起こる病気であるといわれています。


四足歩行を行なう動物は、

前足を動かしている肩と後ろ足に繋がる腰の二箇所に、

自分の体重を分散して支えています。


一方、二足歩行する人間は、

腕を使わず自分の体重を足腰だけで支えています。


単純に言えば二足歩行は、

四足歩行の二倍の負担が足腰にかかっているので、

人間は腰痛が発生しやすくなっているということになります。


しかし、生活様式によっては腰痛を発症しない人も居るため、

二足歩行だけが腰痛の根本的な原因というわけではないようです。

prevent_04[1]
       (椎間板の構造)





宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
[ 2011/08/24 19:10 ] 腰痛の原因 | TB(0) | コメント(0)
楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ