葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)

ぎっくり腰の鍼灸治療法

ぎっくり腰の鍼灸治療法


今年も後わずか、

師走に入りなにかと忙しいこの頃、

忙しさと急激な寒さ(温度変化)の為か、

ギックリ腰の患者さんが増えてきております。


以前私のブログに書きましたが、

今回はギックリ腰の治療法について記載します。


back[1]

一口にギックリ腰と言ってもかなり曖昧で、

別に腰がギクッと鳴ったからギックリ腰と言うわけでも無く、

とにかく突然急激に来た腰痛(急性、突発性腰痛)を称して、

ギックリ腰とよんでいる訳です。


ですから筋.筋膜性腰痛症などの比較的簡単な症状から、

腰椎捻挫、腰椎椎間関節症、腰椎椎間板ヘルニア、座骨神経痛、

腰椎脊椎間狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症、

腰椎圧迫骨折、脊椎腫瘍、内臓疾患からの腰痛症など、

内容によってはかなり難しい症状もあるわけです。


私もまだかけだしの頃は、

ギックリ腰(筋.筋膜性腰痛など)は簡単と、

天狗になってた時期がありましたが、

あそこの鍼灸院は、

ギックリ腰が一発で治ると評判が立つにつれ、

だんだんと腰痛の猛者が来るようになるわけです。


以前に椎間板ヘルニアの手術をして、

今回ギックリ腰で来院する者など、

今までになんだかの腰に対して既病歴のある患者さんが、

接骨院の電気治療やマッサージ、

整形外科の痛み止めの処方薬やブロック注射などと、

大概の方はこれらの治療を受けてから来院するわけです。


gikkuri_01[1]

ではどのようにしてこの様なギックリ腰(ギックリ腰初めての患者さんや既病歴のある患者さん)を、
治療すればよいのか?



私の場合、

まずは脈診腹診をして証を立てて、

仰向けの姿勢で手足、腹部のツボに鍼を打ち、

脈を整えバランスを取ります。


※ 寸3の1番鍼を使用


次にうつ伏せにして腰痛部位の確認して、

下肢の下腿、膝裏の膀胱経のツボに鍼を刺し、

腰部の緊張を取ります。


続いて腰背部の膀胱経のツボ(緊張部位)に鍼(散鍼程度)を刺します。


これらの行程を経てから、

患部の腰痛部位に鍼を刺して行きます。


その時腰痛部位をしつこいくらいに何度も確認しながら行います。


※ 私の場合鍼は単刺術(鍼を一本一本刺しては抜く方法)で置鍼はしません。

また腰痛患部のツボに鍼を刺入する時は、

その症状や体質によっての痛みのある深さまで刺入(場合によっては3寸程の長鍼)する事もあります。


鍼治療後、

患者さんに体を動かしてもらい、

痛みの残る部位があればそこに施灸(半米粒大)致します。



私の鍼灸治療では、

この様な行程で治療致しますが、

鍼灸治療をしないでマッサージ(脈診をしないで)での治療の場合は、

まずは腰部の硬さや緊張を診る程度で、

いきなり患部をほぐそうとしないことです。



腰痛患部は痛みで、

かなら硬く緊張しておりますので、

ほぐそうと頑張っても簡単にほぐれず、

また痛みがひどい症状の場合、

まともに触る事すら出来ません。


このような場合、

患者さんを仰向けの楽な状態で寝かせ、

先ずは遠隔的に手足の腰の緊張を取るツボを使います。


手のツボでは、

曲池、手三里、合谷、内関、手の腰痛点などの圧痛のある反応点のツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


次に足のツボでは、

足三里、外丘、血海、中都、三陰交、太衝、

などの下肢の圧痛のある反応点のツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。

※ この時足底のツボに反応点がある場合、

これらを一緒に揉みほぐしても構いません。


次に腹部をゆっくりと、

内臓の位置を確認しながら按圧してみます。


これは腰痛の原因が、

内臓疾患からきている場合もあり得ますので、

必ず確認の必要があります。


※ 単なる腰痛と思いきや、

腹診をしてみたらお腹に変なしこりがあり、

検査してみたら癌の末期症なんて事もありますので、

要注意です。


これが終わりましたら、

患者さんをゆっくりと本人の成れる方向から、

うつ伏せの状態になってもらいます。


この状態で下肢にある足の膀胱経のツボ、

昆ロン、承山、下委中、いん門、胞こう、

などの下肢裏の反応点ツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


腰背部に移り、

背中の肩甲骨内側から第5腰椎辺りまで、

膀胱経一行線、二行線、督脈(脊椎上)のツボを上から下に向かって取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


この時腰部のどの辺りに痛みや緊張があるか、

確認しながら揉みほぐしていくと良いでしょう。


これらの行程が終わったら患者さんに少し動いてもらい、

現在どの辺りがまだ痛むのか再度確認して、

そこにペンなどがあれば印を付け、

ここで初めて痛みのある患部のツボを揉みほぐしていきます。

最初は痛気持ち良い程度で揉みほぐし、

そこにシコリなど硬く感じられるものがあれば、

焦らずに揉みほぐす事が大事です。


その時も必ず患者さんの痛みの状態を、

確認しながらおこなう事が大事です。


患部を揉みほぐす時間は約10~15分程度で、

完全にほぐれれば良いのですが、

頑固なギックリ腰の場合簡単にはいかず、

ある程度緊張が取れたり、

シコリが柔らかくなった程度でも、

充分痛みは軽減出来、

かなりの効果が挙げられます。


この行程をおさらい致しますと、

腰背部の緊張を確認して仰向けで手足のツボをほぐすのに約10分~15分、

腹部の状態を診るのに約5分、

うつ伏せにして下肢裏のツボをほぐすのに約5~10分、

肩甲骨から腰背部のツボを上から下へと、

患部を確認しながら按圧すのに約10分、

確認して見つけた患部のツボを揉みほぐすのに約10~15分、

これらの全行程に要する合計の時間が、

約40~60分かかります。


治療が終わった時点で治療効果を持続させたり、

まだ患部に痛みが残っている場合、

痛みのある患部に10円玉やエレキバンを、

下肢裏の承山のツボに1円玉やエレキバンの磁石を、

テープをはがして裏返しにしたものを、

貼り付けるとよいでしょう。


またシップの場合患部に冷シップ、

下肢裏の承山のツボに温シップを貼るとよいでしょう。


これは電位差や温度差を作る事によって、

血流の循環を促進させる効果があります。


※ ギックリ腰にはよく初期状態は冷やし、

回復時には温めるといいますが、


最近の臨床例では、

痛みが緩和するならどちらでも構わず、

私も気持ち良く感じるほうを選択させ、

事実その方が効果があがっております。


以上の事からギックリ腰の患者さんにこの手順で治療すれば、

上手くいけば1~2回で、

また難しい症状でも数回~数十回、

根気良く繰り返し治療すれば、

治癒及び良い方向に向かっていきます。



この方法はあくまで私が今までの臨床経験で培ったノウハウなので、

興味があれば一度試してみて下さい。


将棋や囲碁のように理詰めの攻め方で、

まるでパズルを紐解くような治療法ですが、

何度も確認しながら正確にツボを取っていく、

治癒確率が高い方法といえます。


よくギックリ腰の時は安静が一番と言いますが、

この様な行程で治療すれば、

どんどん攻めていっても大丈夫です。(無理なドーゼオーバーをしない限り)


私の拙い臨床経験ですがこの文章を読んで、

治療に少しでも役立てれば幸いの事と思いますm(_ _)m


写真Ⅰ
ファイル2365[1]

脊椎狭窄症のギックリ腰での患者さんの治療風景

この患者さん(48才男性)の場合2回程で完治しました。


写真Ⅱ
ファイル2366[1]

椎間板ヘルニアのギックリ腰での治療風景

この患者さん(44才男性)の場合2週間程で完治しました。


写真Ⅲ
ファイル2367[1]

以前に圧迫骨折を2回経験あるギックリ腰の治療風景

この患者さん(75才女性)の場合4週間程で完治しました。




  .∧
  (^_^`;)腰痛い
.∧∧∪∪)
(+_+;)⌒⌒⊃
∥ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄∥


    ∧
   (^е^〃)ドコ?ココ
  ∧∧∪∪ )
(//ω//)⌒⌒⊃
∥ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄∥





宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

ファイル0006[1]

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の対処法

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の対処法

title_back[1]

一言にぎっくり腰と言ってもその症状はさまざまで、

軽いものから重いものまで幅広くあります。


tc3_search_naver_jp[1]

軽い症状だと、

ゆっくりであれば歩くことができる場合がありますが、

体勢を変えると鋭い痛みが起こることも多くあります。


症状が重くなると、

少し動いただけでも激しい痛みが起こるので、

歩くことも困難になります。


また、痛みを自覚するタイミングというのも人によって全く違います。


症状が軽い場合、

ちょっと腰をひねってしまった程度に考えて、

それがぎっくり腰かどうか気付かなかったという方もいらっしゃるようです。


ぎっくり腰というのは、

簡単に言えば腰が炎症を起こしている状態になりますので、

痛み方には特徴があります。


少し焼けるような、

脈打つような痛みを感じることが多くあります。


ちょっとしたことで腰に、

脈打つような痛みを感じるようになった方は、

ぎっくり腰である可能性がありますので注意が必要です。


また諸症状の内容によっても、

痛みの取れ方は各々様々です。


ぎっくり腰の代表的な症状に、

筋筋膜性腰痛症と椎間関節性腰痛症がありますが、

鍼灸治療で施術すると、

筋筋膜性腰痛症の場合では1,2回位で、

痛椎間関節性腰痛症の場合では3,4回位で、

痛みの症状が比較的簡単に取れ易い事が、

よくありました。


私がまだ鍼灸師なりたての頃、

ぎっくり腰で来院する患者の大半は、

筋筋膜性腰痛症と椎間関節性腰痛症で、

あれほど痛がって来ている割には、

鍼灸治療で簡単に痛みが取れたので、

ぎっくり腰なんて簡単に治せると、

天狗になってた時期がありました。


ところがぎっくり腰がすぐに治ると評判に成れば成程、

筋筋膜性腰痛症や椎間関節性腰痛症ばかりでなく、

椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症や分離症、すべり症、

腰椎圧迫骨折や骨粗しょう症、悪性腫瘍、

感染性脊椎炎や腎結石、大動脈瘤などと、

段々に難しい症状に出合うようになり、

病気の奥の深さにつくづく思い知らされました。


けれど難しい症状にチャレンジしたおかげで、

多彩な臨床経験を積む事ができ、

なんとかぎっくり腰に対して腕を上げる事が出来ました。

back[1]


ではぎっくり腰になった場合、

どの様に対処すれば良いのでしょうか?



まずは無理に動かない事です!

そしてなんとか動かせる方向があれば、

無理せずゆっくりと横になり、

自分で一番楽な体勢で安静に休める事です。

無理な体勢や痛みを伴う動きは禁物です!

ぎっくり腰はよく患部に炎症がある為、

患部を冷やすのが鉄則とされますが、

最近は患部が、

気持ち良く楽になる感覚があれば、

冷やしても温めてもどちらでも良いとの臨床報告があり、

実際試してみるとどちらも効果を伺う事が出来ます。


また布団やベットから起き上がる時は、

無理に起き上がろうとせずに、

左右ゆっくりと身体を捻りながら動かしてみて、

痛みを伴わない方向に身体を丸めながら、

起き上がるように致します。


どうしてもトイレなどに行く時に、

立ち上がる事が出来ないならば、

無理に立とうとせずに四つん這いの姿勢で、

移動する事をお勧め致します。


立ち上がる事が出来ても、

物に摑まったり両膝を手で押さえながら、

なるべく立ち上がる様に致します。


どうしても立ち上がって歩いたり、

行動しなければ成らない場合は、

腰部骨盤付近にさらしを巻いたり、

コルセット、腰痛帯、太めのベルトなどを巻くと、

いくらか補助する事も出来ます。


とにかくぎっくり腰で痛みが電気的に走る状態の場合、

自分自身では無理に動かず安静を保つ事が一番で、

よく痛くても無理に動かさないと動けなくなると、

無理して動かしてこじらせる事や、

慢性の腰痛症に移行する事は、

よくある話です。

gikkuri_01[1]

また早く痛みを取りたいならば、

専門家の治療など、

特に鍼灸治療を受ける事が得策か!と思います。




宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

RBB081002RB10AKS50e[1]

※ 聞きたい症状やツボが有りましたら、

頑張って御答え致しますので、

http://houjyudo.blog111.fc2.com/

までブログにコメント入れるか

hojjudo@gmail.com

までメール御待ちしております。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)のツボ

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)


ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の場合、症状が突然現れ、

痛みは激烈なことが多く、しばしば身動きができないほどです。

私の治療院でもぎっくり腰で来院する患者さんの数は多く、

私の得意とする疾患の一つでもあります。


20100106_952995[1]

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)は、

誰もがなる危険性を持ている症状一つといえますが、

なってしまった時にはすでに手遅れの状態と言えます。


そこで諦めず予防をする事で、

ぎっくり腰になる確率を下げるのが最善の方法だと思います。


確率という事はかなりクセになりやすい特徴もあり、

一度経験した人は何度もなってしまうケースが多いと言われています。


ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)が元で、

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などになる事もあるので侮れないと言えます。


また「年2~3回はぎっくり腰をやってしまう」という方は、

特に注意が必要だと言えます。


意外と盲点なのがぎっくり腰の痛める場所です。


ほとんどの方は腰の真中を痛めると思いがちですが、

実はその可能性は以外と低く、

左右どちらかの腰を痛めているケースが高いといわれています。


ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の原因

ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)は、

いきなり腰に大きな負担がかかることで起こります。


医学的に「急性腰痛」「突発性腰痛」と呼ばれ、

ドイツでは「魔女のひと突き」といわれています。


ぎっくり腰の原因には、大きく3つに分けることができます。


①腰椎に無理な力が加わり関節を覆っている間接包が伸びたり断裂する捻挫。

②背骨にかかる衝撃を和らげる役目の椎間板が傷つき、切れたり裂けた場合。

③腰周辺の筋肉が傷んだり、軽い肉離れを起こした場合



ぎっくり腰は、日常の何気ない動作で起こります。


よく言われるのが、重い物を持ち上げる時や、

クシャミなどでなってしまう時です。


さらに前屈のような姿勢で物を持った時などは、

重いものでない時でもなってしまう可能性があります。


右の斜め前のものを取った時に右腰のぎっくり腰!

左斜め前の物を取ろうとした時は左の腰!

という感じで痛めてしまう可能性が高いんです。


そのほかに重い物を強く引っ張る時です。


この場合は物を引っ張る時のスタンスで、

どちらのかの腰を痛める可能性が高いです。


例えば綱引きのような体勢で右利きの人は、

左足が前になった状態で引っ張ると思いますが、

この場合は、右の腰に負担が掛かり痛める可能性が高いです。


もう一つは自分の胸の高さまで物などを、

棚に乗せるような動作もかなり危険な動きと言えます。


この場合は片方の腰と言うよりも、

腰の真ん中が痛くなるケースが多いです。


また寒い時期や朝起きた時など、

筋肉が硬くなっている状態のときにも起こりやすくなっています。


ぎっくり腰は、腰回りの筋肉が衰えた中高年に多くみられますが、

最近では20歳代の若い世代でも増える傾向にあります。


その原因として、運動不足による筋力低下や、

同じ姿勢で長時間のデスクワークなどが挙げられます。


また姿勢が悪かったり冷え症の人も、

ぎっくり腰のなりやすい傾向にあります。


ぎっくり腰を一度起こすと、繰り返し起きたり慢性化して椎間板がつぶれ

椎間板ヘルニアになる危険性もあります。


そのためぎっくり腰になっても軽視せずに、

また仕事やプライベートなどで、

どうしてもこのような動きをしてしまうという人は、

特に予防対策や再発防止などのケアが重要になってきます。


代表的なものはストレッチなどの運動ですが、

そのほかにも効果的なものは色々あります。

y-j6-1[1]

▼急性の腰の痛みの原因となる諸症状

1.ぎっくり腰(筋膜性腰痛症)

a.椎間関節性腰痛症

b.筋筋膜性腰痛

2.椎間板ヘルニア

3.腰椎圧迫骨折

a.外傷性

b.骨粗しょう症

c.悪性腫瘍

4.感染性脊椎炎

5.内臓の病気

a.腎結石

b.大動脈瘤など


急性期の治療は、安静第一で無理はしないことが重要です。

急性期は、鎮痛薬は有効で、コルセットも腰部負荷の減少のため使用されます。


最初は身動きできないほどの痛みでも、通常3~4日で症状は軽減し、

1~2週間で寛解します。(上のぎっくり腰と椎間板ヘルニアの場合)


3の圧迫骨折ではさらに長期になりますし、

感染性脊椎炎や内臓の病気の場合は、

より専門的な治療が必要です。


※ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の治療、対処、予防法について、

次回説明致します。




宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。


※ 聞きたい症状やツボが有りましたら、

頑張って御答え致しますので、

http://houjyudo.blog111.fc2.com/

までブログにコメント入れるか

hojjudo@gmail.com

までメール御待ちしております。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ