葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  二日酔いの予防と対処のツボ
カテゴリー  [ 二日酔いの予防と対処のツボ ]

二日酔いの予防と対処のツボ

二日酔いの予防と対処のツボ

12月に入り今年もあと僅か、

年末年始は忘年会新年会と、

何かと飲む機会が多い方は注目、

二日酔いのの予防と対処のための、

ツボ療法をお教えいたします。



飲み会そのものは楽しいですが、

つい飲み過ぎてしまうと翌日待っているのは、

悲惨な「二日酔い」。


そもそもアルコールは、

肝臓で分解しているのですが、

処理量の限度を超えると、

二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドが蓄積され、

あの気持ちの悪い複雑な症状に至ります。


あまり大量に飲んでしまう人はそもそも別として、

程々に飲みながらも二日酔いだけはご勘弁という人は、

ツボ療法で肝機能を高めておいてから飲む、

飲んでから肝機能向上のフォローをする、

これを実践して下さい。



二日酔いの予防と対処で使うツボ

日月(にちげつ)足の少陽胆経

乳首の真下方向で、

肋骨の下から3本目の骨の上にあります。


肋骨1本分上は期門のツボです。


分かりづらい時は脇腹から探っていくと、

良いでしょう。


休みなくアルコールを分解している肝臓に良いとされていて、

中国では肝炎、胆のう炎、胃痛でも使われます。



日月の押し方

指3本をつぼのある肋骨の隙間に入れるように当てて、

少し前かがむ様にしながら、

骨の上側に向かって押します。


息を吐きながらゆっくりと押し、

力を抜いて息継ぎするのを、

8回おこなって下さい。


終わったらツボの周囲を含めて、

マッサージをして下さい。


日月1a[1]

太衝(たいしょう)足の厥陰肝経

足の親指の骨と次指の付け根にあるツボで、

健康な人でも押すと痛みが走ります。


飲む前の予防としては肝機能の向上、

二日酔いになってからは、

低下した肝機能を回復する為に、

不可欠なツボです。



太衝の押し方

膝を立てたり膝の上に足を乗せると、

押しやすくなります。

少し押すだけでもかなり痛いので、

無理する事はありません。


市販の簡易灸でも良いのですが、

優しく軽くコリコリと20回程、

押し回すだけでも結構です。


終わったら周囲を、

マッサージしておきましょう。


images[10]

肝陽(かんよう)耳ツボ

耳にあるツボでその名もズバリ、

肝臓に陽の気を送るツボです。


慢性急性肝炎や肝機能向上で使われます。


耳たぶの外周真上からやや下に、

下がった所にあります。



肝陽の押し方

耳の頂点から後ろ側をグリグリと押し回しますが、

親指の腹と人差し指で持ち、

息を吐きながら5回、

息継ぎをしてまた5回、

都合20回程おこなって下さい。


img_824930_49174494_1[1]


宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。


※ 聞きたい症状やツボが有りましたら、

頑張って御答え致しますので、

http://houjyudo.blog111.fc2.com/

までブログにコメント入れるか

hojjudo@gmail.com

までメール御待ちしております。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ