葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  下痢の症状が続くとき
カテゴリー  [ 下痢の症状が続くとき ]

下痢の症状が続くときのツボ

下痢の症状が続くときのツボ

近年増えているストレス性の下痢や、

年末の暴飲暴食が続いた上でのお腹の不調には、

薬に頼らないツボ療法が効果的です。



ひと口に下痢といってもその症状と原因は様々です。


食中毒やコレラ、ノロウイルス等の伝染病による下痢や、

癌や大腸炎によって誘発される下痢の症状や、

ストレスや冷え、食べ過ぎ飲み過ぎを原因とした、

いわゆる一般的な下痢の場合にも、

自己免疫力を高めるツボ療法は効果的方法です。



下痢の症状が続くときに使うツボ

神闕(しんけつ)任脈

まさにヘソがツボです。


古来から慢性の下痢に良いとされ、

さらに冷えによる下痢を始め、

慢性の腸炎と胃炎、腸結核、浮腫、

冷え性対策でも使われてきました。


また温灸に多く使われます。



神闕(しんけつ)の押し方


必ず食事前に押すように心掛けて下さい。


人差し指が両手の指3本をヘソの上に置くようにします。


腹部のツボは強く押し過ぎないようにして、

腹式呼吸の要領で息を吐く時、

お腹をへこましながら押し、

1秒止めて力を抜きます。


これをゆっくりと8回おこなって下さい。


p28_1-thumb[1]

関元兪(かんげんゆ)足の太陽膀胱経(奇穴)

腰にあるツボでお腹の関元のツボとは異なり、

骨盤の上端から指2本分下を背骨方向にたどっていき、

背骨と骨盤の境目にあたる窪みにあります。


下痢に良いツボとされている他、

腹の浮腫、腰痛、排尿困難の場合等でも、

使われております。



関元兪(かんげんゆ)の押し方

両手の親指の先をツボにあてて、

力任せに押す必要はありません。


左右同時に息を吐きながらゆっくりと押していき、

1秒止めてから息継ぎをし、

これを8回おこないます。


関元兪a[2]

公孫(こうそん)足の太陰脾経

足の裏の内側側面にあります。


足の親指の付け根に、

大きく出っ張ってる骨の後端がツボです。


急性、慢性の下痢とそれに伴う腹痛、

胃痛に良く、消化不良や嘔吐、女性の生理痛の時等も、

使われています。



公孫の押し方


親指腹をつぼに当て、

息を吐きながらゆっくりと押して、

息継ぎするのを8回おこないます。


症状の重い場合は、

左右両方のツボを押した方が良いでしょう。


kouson[1]


宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ