葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

葛飾区四つ木の鍼灸治療院の院長ブログです。
葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ TOP  >  2011年12月

東京スカイツリー ライトアップ画像

東京スカイツリー ライトアップ画像

一昨夜から東京スカイツリーが、

ライトアップされました。


そんなスカイツリーのライトアップの真下からの画像を、

皆様方にChristmasプレゼント致します。




クリスマスケーキ作っ…
      
       [~]))
     (( [~~]
      [~~~~]
`∧_∧  [~~~~~~]
(;`^ω^)[~~~~~~~]
/  O━━━━━
しー-J
        ミ
       ミ [~]
        [~~]
   あっ[~~~~]
`∧_∧て[~~~~~~]
(´"ω"[~~~~~~~]
/  O━━━━━
しー-J

  ∧_∧
 (´*ω*) /~~ヾ
c(_U_U/~~~~ヾヽ



東京スカイツリー画像 スカイツリー・ライトアップ 夜のスカイツリー  東京スカイツリー画像 スカイツリー・ライトアップ 夜のスカイツリー  東京スカイツリー画像 スカイツリー・ライトアップ 夜のスカイツリー
  

   /⌒\__/⌒〉
   \_(_)_/
  / \
/ ( ) \
o\/⊂⊃\/o
′Merry   `
  Christmas 
x      x
`x _][_ x
  ○ 
  
     
ファイル0006[1] ファイル0007[1] 

*
  ,
.(⊂⊃) ,
.∧_∧   彡
(*^∀^)ββ⊂⊃
⊂⊂__⊃∧_∧ *
,(^∀^*)ββ
,   ⊂⊂__⊃
   + * +
*  +    *
  + + _* +
.†__∧_ __ *
/\/田\_\
|田||田田|_||_|田|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________


111213_1758~02[1]  111213_1801~02[1]

            
     
  r⌒○
    ⊂二⊃
   (^ω^`)
   c_cヽ━ヽニ
    と と)へTTTTT
  / / /_  ̄ ̄ ̄|
` ⌒ヽ ⌒r_|___ノ
("ω" ) ) ||  ||
し-し―J<二二二二フ

    
     
 ∩ ∩
 い_cノ / ̄>O
`c/ っ (ニニ )△△
("●" ) (^ω^`)[∥]
O┳O )=[ ̄て  ̄ ̄]
◎┻し◎ ◎――◎=3



ファイル2325[1]  ファイル2363[1]  


宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
関連記事

ぎっくり腰の鍼灸治療法

ぎっくり腰の鍼灸治療法


今年も後わずか、

師走に入りなにかと忙しいこの頃、

忙しさと急激な寒さ(温度変化)の為か、

ギックリ腰の患者さんが増えてきております。


以前私のブログに書きましたが、

今回はギックリ腰の治療法について記載します。


back[1]

一口にギックリ腰と言ってもかなり曖昧で、

別に腰がギクッと鳴ったからギックリ腰と言うわけでも無く、

とにかく突然急激に来た腰痛(急性、突発性腰痛)を称して、

ギックリ腰とよんでいる訳です。


ですから筋.筋膜性腰痛症などの比較的簡単な症状から、

腰椎捻挫、腰椎椎間関節症、腰椎椎間板ヘルニア、座骨神経痛、

腰椎脊椎間狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症、

腰椎圧迫骨折、脊椎腫瘍、内臓疾患からの腰痛症など、

内容によってはかなり難しい症状もあるわけです。


私もまだかけだしの頃は、

ギックリ腰(筋.筋膜性腰痛など)は簡単と、

天狗になってた時期がありましたが、

あそこの鍼灸院は、

ギックリ腰が一発で治ると評判が立つにつれ、

だんだんと腰痛の猛者が来るようになるわけです。


以前に椎間板ヘルニアの手術をして、

今回ギックリ腰で来院する者など、

今までになんだかの腰に対して既病歴のある患者さんが、

接骨院の電気治療やマッサージ、

整形外科の痛み止めの処方薬やブロック注射などと、

大概の方はこれらの治療を受けてから来院するわけです。


gikkuri_01[1]

ではどのようにしてこの様なギックリ腰(ギックリ腰初めての患者さんや既病歴のある患者さん)を、
治療すればよいのか?



私の場合、

まずは脈診腹診をして証を立てて、

仰向けの姿勢で手足、腹部のツボに鍼を打ち、

脈を整えバランスを取ります。


※ 寸3の1番鍼を使用


次にうつ伏せにして腰痛部位の確認して、

下肢の下腿、膝裏の膀胱経のツボに鍼を刺し、

腰部の緊張を取ります。


続いて腰背部の膀胱経のツボ(緊張部位)に鍼(散鍼程度)を刺します。


これらの行程を経てから、

患部の腰痛部位に鍼を刺して行きます。


その時腰痛部位をしつこいくらいに何度も確認しながら行います。


※ 私の場合鍼は単刺術(鍼を一本一本刺しては抜く方法)で置鍼はしません。

また腰痛患部のツボに鍼を刺入する時は、

その症状や体質によっての痛みのある深さまで刺入(場合によっては3寸程の長鍼)する事もあります。


鍼治療後、

患者さんに体を動かしてもらい、

痛みの残る部位があればそこに施灸(半米粒大)致します。



私の鍼灸治療では、

この様な行程で治療致しますが、

鍼灸治療をしないでマッサージ(脈診をしないで)での治療の場合は、

まずは腰部の硬さや緊張を診る程度で、

いきなり患部をほぐそうとしないことです。



腰痛患部は痛みで、

かなら硬く緊張しておりますので、

ほぐそうと頑張っても簡単にほぐれず、

また痛みがひどい症状の場合、

まともに触る事すら出来ません。


このような場合、

患者さんを仰向けの楽な状態で寝かせ、

先ずは遠隔的に手足の腰の緊張を取るツボを使います。


手のツボでは、

曲池、手三里、合谷、内関、手の腰痛点などの圧痛のある反応点のツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


次に足のツボでは、

足三里、外丘、血海、中都、三陰交、太衝、

などの下肢の圧痛のある反応点のツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。

※ この時足底のツボに反応点がある場合、

これらを一緒に揉みほぐしても構いません。


次に腹部をゆっくりと、

内臓の位置を確認しながら按圧してみます。


これは腰痛の原因が、

内臓疾患からきている場合もあり得ますので、

必ず確認の必要があります。


※ 単なる腰痛と思いきや、

腹診をしてみたらお腹に変なしこりがあり、

検査してみたら癌の末期症なんて事もありますので、

要注意です。


これが終わりましたら、

患者さんをゆっくりと本人の成れる方向から、

うつ伏せの状態になってもらいます。


この状態で下肢にある足の膀胱経のツボ、

昆ロン、承山、下委中、いん門、胞こう、

などの下肢裏の反応点ツボを取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


腰背部に移り、

背中の肩甲骨内側から第5腰椎辺りまで、

膀胱経一行線、二行線、督脈(脊椎上)のツボを上から下に向かって取り、

これらを痛気持ち良い程度に按圧して揉みほぐします。


この時腰部のどの辺りに痛みや緊張があるか、

確認しながら揉みほぐしていくと良いでしょう。


これらの行程が終わったら患者さんに少し動いてもらい、

現在どの辺りがまだ痛むのか再度確認して、

そこにペンなどがあれば印を付け、

ここで初めて痛みのある患部のツボを揉みほぐしていきます。

最初は痛気持ち良い程度で揉みほぐし、

そこにシコリなど硬く感じられるものがあれば、

焦らずに揉みほぐす事が大事です。


その時も必ず患者さんの痛みの状態を、

確認しながらおこなう事が大事です。


患部を揉みほぐす時間は約10~15分程度で、

完全にほぐれれば良いのですが、

頑固なギックリ腰の場合簡単にはいかず、

ある程度緊張が取れたり、

シコリが柔らかくなった程度でも、

充分痛みは軽減出来、

かなりの効果が挙げられます。


この行程をおさらい致しますと、

腰背部の緊張を確認して仰向けで手足のツボをほぐすのに約10分~15分、

腹部の状態を診るのに約5分、

うつ伏せにして下肢裏のツボをほぐすのに約5~10分、

肩甲骨から腰背部のツボを上から下へと、

患部を確認しながら按圧すのに約10分、

確認して見つけた患部のツボを揉みほぐすのに約10~15分、

これらの全行程に要する合計の時間が、

約40~60分かかります。


治療が終わった時点で治療効果を持続させたり、

まだ患部に痛みが残っている場合、

痛みのある患部に10円玉やエレキバンを、

下肢裏の承山のツボに1円玉やエレキバンの磁石を、

テープをはがして裏返しにしたものを、

貼り付けるとよいでしょう。


またシップの場合患部に冷シップ、

下肢裏の承山のツボに温シップを貼るとよいでしょう。


これは電位差や温度差を作る事によって、

血流の循環を促進させる効果があります。


※ ギックリ腰にはよく初期状態は冷やし、

回復時には温めるといいますが、


最近の臨床例では、

痛みが緩和するならどちらでも構わず、

私も気持ち良く感じるほうを選択させ、

事実その方が効果があがっております。


以上の事からギックリ腰の患者さんにこの手順で治療すれば、

上手くいけば1~2回で、

また難しい症状でも数回~数十回、

根気良く繰り返し治療すれば、

治癒及び良い方向に向かっていきます。



この方法はあくまで私が今までの臨床経験で培ったノウハウなので、

興味があれば一度試してみて下さい。


将棋や囲碁のように理詰めの攻め方で、

まるでパズルを紐解くような治療法ですが、

何度も確認しながら正確にツボを取っていく、

治癒確率が高い方法といえます。


よくギックリ腰の時は安静が一番と言いますが、

この様な行程で治療すれば、

どんどん攻めていっても大丈夫です。(無理なドーゼオーバーをしない限り)


私の拙い臨床経験ですがこの文章を読んで、

治療に少しでも役立てれば幸いの事と思いますm(_ _)m


写真Ⅰ
ファイル2365[1]

脊椎狭窄症のギックリ腰での患者さんの治療風景

この患者さん(48才男性)の場合2回程で完治しました。


写真Ⅱ
ファイル2366[1]

椎間板ヘルニアのギックリ腰での治療風景

この患者さん(44才男性)の場合2週間程で完治しました。


写真Ⅲ
ファイル2367[1]

以前に圧迫骨折を2回経験あるギックリ腰の治療風景

この患者さん(75才女性)の場合4週間程で完治しました。




  .∧
  (^_^`;)腰痛い
.∧∧∪∪)
(+_+;)⌒⌒⊃
∥ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄∥


    ∧
   (^е^〃)ドコ?ココ
  ∧∧∪∪ )
(//ω//)⌒⌒⊃
∥ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄∥





宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

ファイル0006[1]

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

関連記事

下痢の症状が続くときのツボ

下痢の症状が続くときのツボ

近年増えているストレス性の下痢や、

年末の暴飲暴食が続いた上でのお腹の不調には、

薬に頼らないツボ療法が効果的です。



ひと口に下痢といってもその症状と原因は様々です。


食中毒やコレラ、ノロウイルス等の伝染病による下痢や、

癌や大腸炎によって誘発される下痢の症状や、

ストレスや冷え、食べ過ぎ飲み過ぎを原因とした、

いわゆる一般的な下痢の場合にも、

自己免疫力を高めるツボ療法は効果的方法です。



下痢の症状が続くときに使うツボ

神闕(しんけつ)任脈

まさにヘソがツボです。


古来から慢性の下痢に良いとされ、

さらに冷えによる下痢を始め、

慢性の腸炎と胃炎、腸結核、浮腫、

冷え性対策でも使われてきました。


また温灸に多く使われます。



神闕(しんけつ)の押し方


必ず食事前に押すように心掛けて下さい。


人差し指が両手の指3本をヘソの上に置くようにします。


腹部のツボは強く押し過ぎないようにして、

腹式呼吸の要領で息を吐く時、

お腹をへこましながら押し、

1秒止めて力を抜きます。


これをゆっくりと8回おこなって下さい。


p28_1-thumb[1]

関元兪(かんげんゆ)足の太陽膀胱経(奇穴)

腰にあるツボでお腹の関元のツボとは異なり、

骨盤の上端から指2本分下を背骨方向にたどっていき、

背骨と骨盤の境目にあたる窪みにあります。


下痢に良いツボとされている他、

腹の浮腫、腰痛、排尿困難の場合等でも、

使われております。



関元兪(かんげんゆ)の押し方

両手の親指の先をツボにあてて、

力任せに押す必要はありません。


左右同時に息を吐きながらゆっくりと押していき、

1秒止めてから息継ぎをし、

これを8回おこないます。


関元兪a[2]

公孫(こうそん)足の太陰脾経

足の裏の内側側面にあります。


足の親指の付け根に、

大きく出っ張ってる骨の後端がツボです。


急性、慢性の下痢とそれに伴う腹痛、

胃痛に良く、消化不良や嘔吐、女性の生理痛の時等も、

使われています。



公孫の押し方


親指腹をつぼに当て、

息を吐きながらゆっくりと押して、

息継ぎするのを8回おこないます。


症状の重い場合は、

左右両方のツボを押した方が良いでしょう。


kouson[1]


宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

ノロウィルス感染予防法

防ごう!ノロウィルス感染予防法


ノロウィルスは冬場を中心に発生し、

感染性胃腸炎や食中毒の原因になります。


感染力が非常に強く、

ごく少量でも口から体内に入ると、

重い症状を引き起こす事があります。


乳幼児や高齢者は特に気を付けましょう。


感染すると腸内で増え、

患者のふん便や嘔吐に混じって、

大量に排出されます。


保育園や学校、高齢者施設等では、

集団感染に注意が必要です。




感染したときの症状

24~48時間後に吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱、

等の症状が現れます。


風邪に似た症状ですが、

咳や痰はでません。


症状は通常3日くらいで回復しますが、

便の中のウイルスは、

感染してから1週間程度排泄し続けます。



感染経路

・ノロウィルスが蓄積した二枚貝を、

 十分に加熱しないで食べた時


・ノロウィルスに汚染された手で、

 調理した食品を食べた時


・感染した人のふん便や、

 嘔吐物を処理する時や、

 十分に消毒されずに散ったウイルスに、

 汚染された時



身近な人が感染した時の注意

次の感染者を出さない事が大切です。


2次感染予防の為消毒を徹底しましょう。



感染した方は


下痢や嘔吐により脱水症状になり易いので、

水分を十分に取りましょう。


タオルなど他の人と共有せず、

ペーパータオルか自分専用のタオルを使いましょう。


感染した方のオムツ交換等を行う方は、

ビニール手袋とマスクを必ず着用し、

手袋を外した後の手洗いを、

十分に行いましょう。



汚物処理の方法


使い捨ての手袋やマスクを着用し、

洗浄後塩素系漂白剤を用いるなど、

周囲に広がらないように注意して下さい。


片付けが終わったら、

良く手を洗いうがいをしましょう。



感染予防


手洗い


ノロウィルスは細菌に比べ非常に小さく、

手のしわに入り込むので、

丁寧な手洗いが必要です。


トイレの後や調理の前後には、

石鹸で手首から指先まで、

30秒以上手洗いしましょう。



加工調理


食品は中心まで十分加熱しましょう。


※中心温度85度で1分以上加熱する。




調理器具の洗浄消毒


調理に用いたザルやまな板等は、

よく洗い熱湯などで消毒しましょう。


6%濃度の塩素系漂白剤で消毒する場合300倍に薄め、

10分程度浸した後水洗いし、

乾燥させます。



調理する方の健康状態


調理する方に嘔吐や下痢等の症状がある場合、

食品の調理は避けましょう。




宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿

一彩先生の希心院での講習会

一彩先生の希心院での講習会

12月11日(日曜日)午後1時~5時まで、

葛飾区東新小岩4-13-23の

安達一彩先生の希心院で、

お粗末ながら私が講師で、

講習会を行いましたm(_ _)m



講習内容は、

ツボと経絡の関係、

簡単な脈診と腹診の取り方、

脈診と腹診を使った経絡治療の実技(風邪の女性の施術)、

12原穴の取穴方法、

肺経、大腸経、胃経、脾経の重要なツボの取穴方法、

これらについて長々と、

4時間の講義を無事?終えましたm(_ _)m



カミカミであがりっぱなしの、

つたない講義でしたが、

聴講された皆様方、

付き合って下さいまして、

有難う御座いますm(_ _)m


次回私の講演は、

4月にありますので、

興味のある方は、

参加の程宜しくお願い致しますm(_ _)m



    ___
   /_☆_\
  ∩/(●)゜(●)\
 へ|  ̄   ̄ |ヽ
(_ノO  __  | |
 (\\/丶ノ\/_ノ
   ̄\`ー―-< (ミ)
   ||_∧_||y/
   ||> <||_ノ
   / 丶二ノ|
   / /~ ̄\ヽ
  (/   (ノ



ツボの押し方は、

痛気持ち良い所をゆっくりと、

息を吐きながら押して下さい

 `∧∧ チイサイコトニワ
 (・∀・) コダワラナイ
 (つ と)
/旦 ̄ ̄ ̄ ̄\
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|      |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。

111111_0151~01[1]

私のブログの左側に、

鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

(ざっくばらんな面白い内容の日記が載っております。)


がありますので、
宜しければクリックして覗いてみて下さい。

また、

葛飾区タウン(口コミ感謝です)

(こちらは、私の患者さんの実際のコメントが載っております。)


の方も宜しくお願い致します。


今後とも、

葛飾区四つ木 宝寿堂鍼灸治療院ブログ

鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

葛飾区タウン(口コミ感謝です)

の御愛読よろしくお願いいたします。


また、

※ブログランキングに挑戦中!

クリックしてもらると、
ランキングが上がりますので、
こちらの方もご協力をお願いします。


111111_0149~01[1]

※ 聞きたい症状やツボが有りましたら、

頑張って御答え致しますので、

http://houjyudo.blog111.fc2.com/

までブログにコメント入れるか

hojjudo@gmail.com

までメール御待ちしております。


微力ながら

心より震災の御見舞い申し上げます。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿


関連記事
[ 2011/12/15 02:30 ] 講習会 | TB(0) | コメント(0)

二日酔いの予防と対処のツボ

二日酔いの予防と対処のツボ

12月に入り今年もあと僅か、

年末年始は忘年会新年会と、

何かと飲む機会が多い方は注目、

二日酔いのの予防と対処のための、

ツボ療法をお教えいたします。



飲み会そのものは楽しいですが、

つい飲み過ぎてしまうと翌日待っているのは、

悲惨な「二日酔い」。


そもそもアルコールは、

肝臓で分解しているのですが、

処理量の限度を超えると、

二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドが蓄積され、

あの気持ちの悪い複雑な症状に至ります。


あまり大量に飲んでしまう人はそもそも別として、

程々に飲みながらも二日酔いだけはご勘弁という人は、

ツボ療法で肝機能を高めておいてから飲む、

飲んでから肝機能向上のフォローをする、

これを実践して下さい。



二日酔いの予防と対処で使うツボ

日月(にちげつ)足の少陽胆経

乳首の真下方向で、

肋骨の下から3本目の骨の上にあります。


肋骨1本分上は期門のツボです。


分かりづらい時は脇腹から探っていくと、

良いでしょう。


休みなくアルコールを分解している肝臓に良いとされていて、

中国では肝炎、胆のう炎、胃痛でも使われます。



日月の押し方

指3本をつぼのある肋骨の隙間に入れるように当てて、

少し前かがむ様にしながら、

骨の上側に向かって押します。


息を吐きながらゆっくりと押し、

力を抜いて息継ぎするのを、

8回おこなって下さい。


終わったらツボの周囲を含めて、

マッサージをして下さい。


日月1a[1]

太衝(たいしょう)足の厥陰肝経

足の親指の骨と次指の付け根にあるツボで、

健康な人でも押すと痛みが走ります。


飲む前の予防としては肝機能の向上、

二日酔いになってからは、

低下した肝機能を回復する為に、

不可欠なツボです。



太衝の押し方

膝を立てたり膝の上に足を乗せると、

押しやすくなります。

少し押すだけでもかなり痛いので、

無理する事はありません。


市販の簡易灸でも良いのですが、

優しく軽くコリコリと20回程、

押し回すだけでも結構です。


終わったら周囲を、

マッサージしておきましょう。


images[10]

肝陽(かんよう)耳ツボ

耳にあるツボでその名もズバリ、

肝臓に陽の気を送るツボです。


慢性急性肝炎や肝機能向上で使われます。


耳たぶの外周真上からやや下に、

下がった所にあります。



肝陽の押し方

耳の頂点から後ろ側をグリグリと押し回しますが、

親指の腹と人差し指で持ち、

息を吐きながら5回、

息継ぎをしてまた5回、

都合20回程おこなって下さい。


img_824930_49174494_1[1]


宝寿堂鍼灸治療院 

診療時間


午前10時半~午後9時迄

※但し急患、往診、時間外診療、
受け付けております。

日曜、祭日は休診ですが、
携帯090-7013-2815に連絡有れば、
診療受付致します。


※ 聞きたい症状やツボが有りましたら、

頑張って御答え致しますので、

http://houjyudo.blog111.fc2.com/

までブログにコメント入れるか

hojjudo@gmail.com

までメール御待ちしております。


宝寿堂鍼灸治療院

鈴木 秀寿
楽天
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

鈴木秀寿

Author:鈴木秀寿


宝寿堂鍼灸治療院
ほうじゅどうしんきゅうちりょういん

葛飾区鍼灸マッサージ師会 会長
鈴木秀寿 (シュウジ)
プロフィール詳細

〒124-0011
東京都葛飾区四つ木4-20-25
<<地図(ヤフー)>>
四ツ木中学校の前です。

090-7013-2815
03-3694-3255
hojjudo@gmail.com
お問い合わせメールホーム
電話かメールで気軽にお問い合わせください。

<鍼灸師国家資格>
はり師免許 17475 号
きゅう師免許 17331 号
昭和61年4月30日取得
東京都知事 鈴木俊一
東洋療法研修試験財団

ご家庭や病院への訪問治療・往診もいたします。

滅菌済使い捨て鍼
(ディスポーザブル鍼)を使用しています。

北千住、金町、浅草、新小岩、松戸からも多数ご来院されています。

新小岩 希心院(はりきゅう治療院)
と診療提携をしています。
診療提携とは!?


鍼灸師SNSひとさぽ日記(シュウジ)

twitterフォローお願いです


料金
初診料 1500円
鍼灸治療費 6000円
鍼灸半身治療費 5000円
鍼灸整体治療費 7000円
小児鍼費(小学生以下) 3000円
学生割引(中高校生) 4000円
往診治療費(交通費別途) 7000円~
※一部保険取り扱いますので、御希望の方は御相談下さい。
ブログランキングに挑戦中!
クリックしてもらると、 ランキングが上がりますので、 ご協力をお願いします。
健康ブログ 代替療法ブログランキング
病気・症状ブログランキング
病気・症状人気ブログランキングへ
ブログランキング

PVランキング
相互リンク
はてなB はてなD
  • SEOブログパーツ